語log(かたろぐ)

カテゴリ:食物( 10 )

シェパーズ・パイ

新聞で、こんな記事を見つけました。  (↓ 画像は拡大できます)
a0084314_23561580.jpg


大好きな「ギネスの国」の食文化。
大好きな「ラム料理」
そろそろ、ジンギスカンとラムチョップから卒業したかった私には、
願ってもない新鮮なメニュー。

まずは味見をしたいところだけど、
う~む、都心のパブか。。。
気軽に飲みに行くには、チト遠い。。。

え~いっ、見よう見まねで作ってしまえ~っ、というわけで、
ネット検索を頼りに、出来上がったのがこれです。

見た目は全く別モノですが、味がどう違うのかは、ぜひ一度、確認に行かねば。。。(笑)

a0084314_23564493.jpg



レシピ

材料
チルド・ラム・・・200g
玉ねぎ ・・・・・1個
にんじん・・・・・1本
赤ワイン・・・・・1カップ
じゃがいも・・・・3個
ドミグラソースの缶詰
ローリエ・・・・・1枚
あれば、ハーブ類


作り方
ラム肉で作ったミートソースの上にマッシュポテトを乗せて、オーブンで焼きます。

ラムのひき肉は売っていなかったので、チルド・ラムを細かく刻みました。
玉ねぎとにんじんも、みじん切り。
それを、ミートソースの要領で、炒めて塩コショウし、赤ワインとローリエを入れて煮詰めます。
お肉を炒める時に、ピザ用の乾燥ハーブミックスを振りかけてみました。
水分が少なくなったら、ミートソースの缶詰を入れて、さらに煮詰めます。

その間に、じゃがいもを茹でてつぶします。
柔らかいのがお好みなら、牛乳とバターを加えて、マッシュポテトにしてね。

耐熱皿にオリーブオイルを塗って、ミートソースを入れ、ポテトを乗せます。
180℃のオーブンで、約10分。
ポテトのこげ具合をみて、調整してください。

感想
ポテトをもっとたくさん乗せて、主食にしてもよかったな~。
中にチーズとラザニア入れても。。。って、ぜんぜん別の国の料理じゃん(^◇^ ;)
[PR]
by Lee-44 | 2007-07-18 00:01 | 食物

夏のひんやりメニュー・Part2

a0084314_1115599.jpg

”07.07.07”  
こんなにも縁起のいい数字が並んだ今年の七夕も、梅雨空には勝てず、
織姫と彦星が天の川を渡るところは、見えませんでしたね。

去年の七夕の夜に、願いをこめて作った「七夕そうめん」
これからの季節にはピッタリのメニューなので、紹介します。(去年の記事は、こちら→)


「うなとろブッカケそうめん」

材料
そうめん、薄めに作ったつゆ
うなぎ、とろろ、お好みで野菜、卵等

作り方
見ての通りです。
茹でたそうめんの上にトッピングして、つゆをブッカケて出来上がり。
うなぎととろろを、うなぎのタレで混ぜてから乗せると、一段と美味しさが増します。
(見栄えは悪くなりますが。。。)


ちなみに写真は、去年の七夕に撮ったものです。
今年の七夕の夜は、何をしていたかというと。。。
月に一度の、友人たちとお食事会。
星空どころか、寒くなったら「ほうとう」食べに行く話をしてたよーな!?
(気が早すぎーっ(笑))
[PR]
by Lee-44 | 2007-07-10 01:23 | 食物

夏のひんやりメニュー

見て好し、食べて好し。
おつまみにも、メイン料理にもなる、我が家で一番人気のサラダ、
「マグロのサラダ」を紹介します。

a0084314_03773.jpg


材料は、生野菜と、マグロのお刺身

  レタス、水菜、大根の葉の塩もみ、キュウリ、大根、きざんだ長芋、
  サラダにできる野菜なら、なんでもOK。
  シソ、三つ葉、アサツキ等、薬味になる野菜があれば、なお可。

  マグロはいつも、「切り落とし」か、特売の赤身のサクを使っています。

ドレッシング  
  おろしわさび・・・小さじ1
  しょうゆ・・・・・・・大さじ2
  砂 糖・・・・・・・・少々
  ごま油・・・・・・・・大さじ1

作り方
  ① 野菜を切って、お皿にのせる。
  ② マグロを、なるべく薄めに切る。
  ③ 切ったマグロを、ドレッシングに浸して、野菜の上に盛る。
  ④ 残ったドレッシングを、野菜にかける。
  ⑤ シソやアサツキがあれば、細かく刻んでのせる。

味の決め手は、漬けになったマグロとゴマ油です。
絶妙のハーモニーです。
ぜひ一度、お試しあれ♪
[PR]
by Lee-44 | 2007-07-07 00:45 | 食物

ちょっと目を放した隙に。。。

雨続きで、ちょっと目を放した隙に、
菜園のキュウリが、ジャンボおばけキュウリになっていました。
長さ、約35cm。
そしてその太さは、ナスよりも太いかも。。。
a0084314_0105832.jpg


スライスして、サラダにしたらこんな感じ。
普通のキュウリと比べてね♪

a0084314_011118.jpg

[PR]
by Lee-44 | 2007-07-05 00:13 | 食物

元旦のお雑煮は菜園で採れた野菜で。。。

a0084314_12251100.jpg


この日のために植えた、カブと、金時人参と、ちぢみホウレン草。
気難しい京野菜が、菜園で簡単に出来るのか、とても疑問だったけど、
紆余曲折の末、なんとか形になりました。
細くても未熟でも、いいの、自分で食べるんだから(笑)

a0084314_1231546.jpg

[PR]
by Lee-44 | 2007-01-03 01:25 | 食物

ゆく年くる年

年越しそばとおせちが一緒に並ぶ、我が家の大晦日。
元旦も仕事が入ることの多い、我が家の風物詩となりつつあります。

NHK紅白歌合戦を観ながら、年越しそばを食べ、
おせちをつまみながら、一足お先にお屠蘇で乾杯。
「ゆく年くる年」が始まるころには、すっかり酔っ払って、ごきげんで~す ((\(@v@)/))

皆様、良いお年を。。 & 今年もよろしくお願いします。

a0084314_0121933.jpg


。。。あ、なます入れるの忘れた。。。(°o°)
[PR]
by Lee-44 | 2007-01-01 00:15 | 食物

七夕

せっかくの七夕も、曇り空で天の川は見えそうもないので、
星をたくさんちりばめた「七夕そうめん」を作ってみました。
ギザギザ卵なんて作ったの、何年ぶりだろう?(笑)
a0084314_1438039.jpg

[PR]
by Lee-44 | 2006-07-07 21:43 | 食物

最後まで美味しいおせち料理

豪華なおせちの目玉っていったら、伊勢海老と尾頭付きの鯛。
たしかに見栄えはするけどねぇ。。。
狭っ苦しい重箱の中で、こんな冷たくて硬いもの、
どーやって食べろって言うんだよ~。

そう思いながら、おせちの説明が書かれたパンフレットを何気なく見てたら、
「美味しい食べ方」っていうページがあるじゃないですか!
これはもしや、買った人だけにこっそり明かされる、秘伝の虎の巻!?
どれどれ。。。
ロブスターは、ハサミで切り開いて実をスライスしたら、そのままでも良し、サラダに入れても良し。
鯛は、鯛めしか鯛茶漬けにしろってか、ご丁寧にレシピまでついてるよ。

せっかくだからやってみようと、ロブスターを解体して、スライス。
これが、意外と実がタップリで美味しそうなんですよ。
(↓の記事、1日の書き込みの画像の、お雑煮の向こうに見える小皿)
ついでに、焼きたらばも、モチ焼き網でさっと炙って~と。。。(レンジでもいいらしいけど)
鯛は、初日に雰囲気だけ味わったら、ラップして冷蔵庫で保管。
思うところあって、ロブスターの頭も、ラップして冷凍保存。

a0084314_135958100.jpg
そんなこんなで3ヶ日が終わり、
いよいよ3日の夜に、
鯛めしにチャレンジ~。
っていうほどのことじゃない。

お米をといで、お酒とお醤油ちょいと入れて、昆布を敷いて鯛を乗せて、
あとは普通に炊飯器で炊くだけ、
炊き込みご飯より簡単です。


ついでに、冷凍しといたロブスターの頭をお味噌汁にしたら、もぉ最高。
これに、まだ残っている重箱のおせちを添えて、お正月料理の締めくくりとさせていただきました。
a0084314_1359465.jpg


おせちに、こんな楽しみ方があったなんて、知らなかったねぇ。
清水の舞台から飛び降りたつもりで、大奮発して買ったおせちだったけど、
充分にモトをとった気分だね♪
[PR]
by Lee-44 | 2006-01-05 14:07 | 食物

目からウロコのおせち料理

よくカタログで見かける、お重に詰まったおせちって、
値段ばっかり高くてそれほど食べたいものもないし、
冷たくて硬くて味付けが濃いだけの保存食、
いくら有名なお店でもウン万円もかけても、たかが知れてると思ってたんですよ。
だから、自分の家で買うことは、絶対にないと思ってた。

それがね、某お店のおせちを、社内協力で会社が半分負担してくれるという。
2万円のおせちが1万円+送料で買えるの。
ん~、2万円もするおせちってどんな味がするのか、この機を逃したら一生食べる機会はない。。。
そんな理由で、思いきって買ってみました。
でね。。。おせちに対する認識が、完全に変わった!
そこのお店の評価も、一気に2ランクぐらいアップした。
それくらい美味しかったわけですよ。
スーパーの真空パックのとは比べ物にならない、一つ一つ手間をかけた繊細な味わいと品数で、程よいバランスで詰まっているから、食べ飽きない。
ロブスターも、単なるハリボテかと思ったら、しっかり身が詰まってて、めちゃ美味しいし、食べ終わったあとも、第2のお楽しみが。。。(^m^)

それはまた後日報告するとして、今年の我が家の、もうひとつの目玉。

菜園で採れたカブのお雑煮\(^o^)/
a0084314_13571178.jpg

この日を目指して、秋から頑張ってきたワケです。
夏の収穫と違って、虫を取ったり水をやったりするだけの地味~な作業だからね~。
こんな目標でもなきゃ、張り合いがないもんね(笑)
[PR]
by Lee-44 | 2006-01-02 18:56 | 食物

恵方巻き

丸かぶり寿司、恵方巻き。。。
節分の日に、太巻き寿司を切らずに、恵方を向いて、
黙って食べるとか、笑いながら食べるとか。。。
もともと関西のほうの風習なんですかねぇ?
昔からあった風習なんでしょうか??
関東では、ここ4~5年でメジャーになった気がします。

思い起こせば、10年前。。。

当時、私は、関西系の企業に勤めておりました。
節分の日、神戸から転勤してきた女性に、
「今夜は、丸かぶり寿司食べるんやろ?」と言われても、
それが何なのか、まったく知りませんでした。
話を聞いて興味を持った私は、仕事帰りに、のり巻きを買うべくスーパーのお惣菜売り場へ。
しかし、そこにあったのは、切り口を上にして綺麗に並べられた、太巻き寿司でした。。。
う~む、どうしたものか(-"-;)
悩んだ挙句、唯一、切らないままで売っていた「かんぴょう巻き」を買って、
夕食は、主人と、かんぴょう巻きを1本ずつ齧ったのでした。

その後、職場を変わって、その女性と顔を合わせる事もなくなりましたが、
節分のたびに彼女のことを思い出して、スーパーのお惣菜売り場を覗いたり、
周りの人に「丸かぶり寿司」のことを聞いても、誰も知りません。
本当にそんな風習があったのか、半信半疑のまま、何年かが過ぎ。。。

ある年の節分の日。
毎年のように、なにげなく立ち寄ったスーパーで、
「恵方巻き」と書かれたパックに、切っていない太巻きが入って、
ご丁寧に小さな方位磁石までついた、のり巻きセットを発見したのです。
あぁ、ついに見つけた! やっぱり本当だったんだ!!

その後、その風習は、どんどん関東にも浸透していき、
クリスマスケーキ並みに、コンビニでも予約販売するまでになりました。
具も、次第に豪華になり、それにつれてお値段も。。。

去年の恵方巻きは、初めて、自分で巻いてみました。
思ったより上手にできて、好評につき、今年もチャレンジ。
この楽しさにすっかり味を占め、節分の新しい習慣になりそうです♪

今年の主流は、「七福恵方巻き」。7種類の具が入っています。
a0084314_147743.jpg

[PR]
by Lee-44 | 2005-02-05 14:06 | 食物


ナチュラル・ライフ


旧ブログはこちらから♪

カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧